« 味噌を作る(今度こそ味噌を仕込む) | トップページ | 2011-02-14の一日。 »

味噌を作る(今年の感想)

 

まだお読みでなければ、イントロダクションと、麹を作る編、今度こそ味噌を仕込む編もご覧くださいませ。

http://hyp3.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-33ed.html

http://hyp3.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-3392.html

http://hyp3.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-cc0b.html

 

今回は、費用が約1万円で、50キロの味噌を作ることができました。

ガス台や樽代などは抜いた、材料代であることは前の記事に書きましたが、

単純計算で、キロ200円の味噌です。

スーパーで買った方が安いじゃん!時は金なりだし。

とおっしゃる方もいるかもしれません。

実際になんでも、買った方が安いっていうのは多いのです。

野菜なんか、そうですよね。

でも、国産大豆で無農薬で、手仕込みの味噌を買ったらどうなるか、といったら、キロ1000円以上はします。

最初にあこがれた、あの味噌 登穀も2キロで3600円ですからね。同じ味には仕上げられないけれど、

おいしい味噌を200円は安いわ。ていうか、売ってもいいかも。と、うぬぼれました、ごめんなさい。

 

本当は、値段の問題ではないのです。

自分でつくってみたい。それだけw

自分で作ってみたい病がでてるだけです。

 

それだと、なんか見てくださっている皆様に申し訳ないので、

それっぽい事を一応言っておきますと、

輸入ができるうちは安いものも自由に買えますけど、もし、入ってこなくなったら?

安いと思って買っている食べ物が、すっごくあぶない生産工程だとしたら?

自分で作って食べるのが一番納得いくと思うわけです。

日本が鎖国に入るなんて言うのは考えにくいですけどね。

いずれにしても、近所で手に入って、自分で作れる食べ物を食べたい。

そんな感じなのです。

できれば、米も麦も大豆も自分の家の目の前で作りたいんですけどね、ゆくゆくは。

その第一歩。

野菜を作ってみて、梅干し、味噌、沢庵など、だんだん、昔は当たり前に各家庭で作っていたものを自分で作れるようになってきました。

この土地で生きている以上、自分はこの土地の風土で形成されているのがいちばんなじむと思うのです。

世界の珍味も時々は食べたいし、いろんな料理も作りたいけど、

この土地ではぐくまれたもので、自分の体を作りたい。そしたら、いちばん自然な姿なんじゃないのかな。

とおもうわけ。

だから、できるだけ、日々口にするものを、自分で作って、食べてみたい。

ぼんやりしてますが、そんなとこです。

 

別に、山にこもるつもりはないですし、こうやってネットも使ってるし、iPhoneだって使ってます。

自然に負荷もかけてます。

便利なのも、都会的なのも嫌いじゃないし、むしろ好きです。

でも、自分が生物であることを忘れたくないです。

食べて、眠って、子育てして、未来に何かをつなぐ。

こうやって、食べていくんだよって、言えるお父さんになりたい。

 

だから、おいしく食べる手間を惜しまないし、

めんどくさいけどこうやって、味噌を作ったりします。

 

来年は、生まれてきた子供に、お父さんの味噌を食べさせて、

にやにやするつもりです。

 

みなさんも、誰かに食べさせて、にやにやしてみません?

|

« 味噌を作る(今度こそ味噌を仕込む) | トップページ | 2011-02-14の一日。 »

おなかがすいた!」カテゴリの記事

コメント

一通り読まさして貰いました!

それにしても凄いですね!自分には到底出来ません(笑)

でも、昔は?今もかな?家の親は家で作っていたような気がする!自家製の〇〇とか、近所に配っていたようなきがします。

でも、今は何でもコンビにスーパーとかで揃ってしまうので自家製〇〇を作る人は少なくなっているんでしょうかね?(笑)

投稿: ストレッチマン2号 | 2011年2月14日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166532/38869453

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌を作る(今年の感想):

« 味噌を作る(今度こそ味噌を仕込む) | トップページ | 2011-02-14の一日。 »