« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012-05-30の一日。

  1. おまえ、あしたから会社にこなくていいよ♡ #最後にハートをつければ何を言ってもかわいい

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-26の一日。

  1. やっぱり川井さんの音楽だったのか。きになってしかたがなかったのだけど
  2. ドラマは心が痛かったが、後半のテープの内容は、自分と重なるところがあって、うすら寒い。そして、ほんの先月、目指すべきは儲けではなく、地域を掌握することだと口走ってたことを思い出した。

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-24の一日。

  1. この香りは、梅仁丹だ!

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-23の一日。

  1. 次回は前の日にかけといてくださいね RT@urika3: 今朝は旦那さんが自分の作業着アイロンあてて出張いかれました。 作業着ですがパリッと‼なめられたらアカン。奥さんがしっかりしてるんじゃなくて本人の意識の高さに嫁もそうせなあかんのかなと、忘れてたズボンの裾上げしてる最中
  2. ありがとうございます。ほんとうにそうなるとうれしいんやけど。 RT@urika3: 賢いそうやね、と言われてその返事に困るね、ありがとうございます、そうでございます、そんなことないです、 そんな事ないですってまだ実力が未知数の子供にそんな事ないとは謙遜でも言いにくいし、かと…
  3. なんか、研修にきてるのだが、テレビ取材が入るらしい。テレビに出るのはやだなあ。会社のコマーシャルにならでるけども。
  4. イメージしよう、あしたを。いまのままなら訪れるあした。心を整えたらくるはずのあした。家族といっしょの慎ましくて、みらいのあるあした。 と、書いていて、イマジンかよっ、と電車のなかでつっこんだ。でも、あしたをイメージしよう。本気で。
  5. iPhoneのマイクの位置が逆で、つまり、イヤホンの左右が逆の人を何人もみてしまって、もやもやもや。

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-22の一日。

  1. 歯ってなんだよ、歯(笑)RT@urika3: 義母宅からお帰りです。 http://t.co/1YIAHPMG

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-21の一日。

  1. 妻へ。予約しといてほしい RT@nhk_hensei: 総合 きょう深夜22日午前2:10~探検バクモン「姫路城を攻略せよ(後編)」アンコール。姫路城は大修理中。ようやくたどりついた天守閣は、漆くいや瓦をはがされ丸裸の状態!今しか見られない匠の技の数々に大感激!(※中…
  2. 営業先が家の近くだったので、休憩のつもりで寄ったのだが、洗濯物干しと、うどんでおわった。しかし、あまりうまそうに見えないなあ。 RT@urika3: 旦那様ありがとう http://t.co/GiuCgoyW
  3. なんだ!大野くんやるなー!

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-19の一日。

  1. 流れるTweetをみていると、もう、水の買占めとかしてるらしい。どうも、なにも変わらない。と、思わざるを得ない。なにも。
  2. KORGのレガシィコレクションを改めて買い直して触っているが、Macのほうが、心持ちレスポンスがよい感じがするのはなんでだろ。オーディオインターフェイスはおなじのの使い回しなのに。
  3. もひとつ、きょう、IRISという名のへんちくりんなシンセのプラグインがとどいた。ほんとうにへんちくりんなのだが、気に入っている。ただし。音楽に使えるかといえば、これは難しい。
  4. おぼえとこ RT@TomoMachi: 悲劇的な結末を「バッド・エンド」と書く人がいるが、英語ではBad endingとは「下手な結末」「出来の悪い結末」のことで、悲劇的な結末はTragic endingかUnhappy ending と言う。
  5. あと。ほしーなあ、とおもうのはomnisphiaかな?一番欲しいのは、さわる時間なんですけどね。

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-18の一日。

  1. 朝から営業に出る予定だったが、山ほど処理する事案があって、こんな時間になってしまった。ので、あきらめて、ちょこっとだけでてくる。午後一は約束あるし、早めのご飯にしよう
  2. 再稼働しないと、ひどい目に遭うぞ!まあ、事故ったらもっとひどいけどな!とりあえず、関西人はがまんなんてできないだろ?さあ、原発動かそうぜ!事故なんて起きないから!信じるものは救われるんだぜ!さあ!さあ!!
  3. KORG レガシィコレクションは1.0だったので、バージョンアップなどもかなわず、一式を買い直してMacに入れた。M1とwavestationとMS20その他で、2万しないとか。最初のバージョンは59800だったような気がするが。コントローラほしくて、予約したのね。

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-15の一日。

  1. あしたの弁当のおかずを夜食に食べてしまったことを、妻は明け方に知り、なんというだろうか?そのときは、朝のひとしなをまわしておこう。ていうか、きょうはなんだか、眠れない。暑くて、体がきつかったからかな
  2. あしたの営業どうしようかなあ。雨だしな

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-12の一日。

  1. もー、なんて言うか、足りないから、全国余ってるとこから融通してもらってもいいかなとか、府知事狂ってるのか?まず、泣くほど節電してそれから、お願いじゃないのか?

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-10の一日。

  1. 某餃子のO将で、女子高生がイニシャルトークに花を咲かせていた。でも、せまい世界の話、Nが好き!とかいったら、すべてばれてると思うんだけどなー。まあ、青春って楽しそう
  2. 最近のお気に入りは、一青窈の歌窈曲なのだが、昔の音源を聞いていていまものすごく気になってるのが、遠藤京子、現 遠藤響子。買おうかな、買うんだろうな。
  3. まもなく、国の借金が1000億。かとおもったら、1000兆円。ないもんはない!って我慢とか、なんとかする知恵は、もう日本人にはないのかな?自分も営業で、人の財布をいかに緩ませるかが仕事だけど、いや、もう、消費で成り立つ世の中は変えないと、どうしようもないんだよね
  4. 1. 田舎の孤独はキツいが、都市の孤独はしのぎやすい。 2. 都市には商品化された娯楽が溢れている。 3. 家事労... http://t.co/rYIZX5C7#Tumbletail
  5. caravanserai:またこれを貼りたくなる季節のようだ http://t.co/tacw606O#Tumbletail
  6. 理想を語るのは大事だ。でも、緊急時は、まず、行動だよね?

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-07の一日。

  1. 理由はともかく、また暴れん坊に登場してほしい、ファンのわたし RT@TomoMachi: ウソだろー http://t.co/9iHCOXcX「ニッポン放送はギャラの上積みをして小島を引き抜き」
  2. 塩辛はほんとうに美味しいが、それは、いちにち汗をかく労働者の朝ごはんだからよいのだろう。こんな時間の深酒のおともで、かつ、明日はいちにちデスクワークの私には、体に悪い、以外の言葉がみつからない
  3. MBAのときほど感動がない。まあ、おんなじアプリをいれて行く作業だものね、たのしいことはない。logicのみが、あたらしいもの。さて、ほかにもほしい音源がたくさんあるけど、とても高価でそろえられない
  4. 濡れて帰った。小学生以来かもしれん。こんな濡れ鼠 RT@urika3: スコールみたいな雨が振ってきました

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-06の一日。

  1. 連休はとくにお出かけもなく、畑の草刈りとか、入居から半年以上ほったらかしの書斎の片付けだのでおわった。と、家族は思っているだろうが、じつはびっくりなことが待っているのだ。いや、もうびっくりしてもらえないかもだが(笑)
  2. さあ、今夜のうちに、内緒で買ったiMacにlogic pro9をインストールするかな(笑)

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012-05-05の一日。

  1. ラーメンを食べるのがただでさえ遅い妻と、暴れん坊の一歳児と一緒にラーメン屋に入った。当然ながら、一口も食べないうちに、のびきった。大将には失礼したが、手は付けずに帰ってきた。。
  2. 原発のはなしは、しばらくしたくない。身勝手な奴ばかりに見えて、疲れる。

Powered by t2b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »